タオル通販【タオルはまかせたろ.com】はタオルソムリエが選りすぐったタオルをご利用シーンにあわせて安心価格でお届けいたします!

タオルのことならおまかせください! タオルはまかせたろ.com
ログイン会員登録カゴを見る
商品ラインナップ迷ったらこちら刺繍を入れたいお客様の声
ホームお買い物ガイド支払・送料よくある質問製造工程のご紹介会社概要お問い合わせ
タオルソムリエのご挨拶タオルのリユースにご協力くださいオリジナルタオルを作りたいオリジナルタオルを作りたい
タオルの原材料 タオルの紡績工程 タオルの染色工程(糸加工)
タオルを織るジャガード工程 タオルの染色工程(生地加工) シャーリング加工工程
タオルの型つくり工程 タオルのプリント工程 タオルの縫製工程
タオルの箱入れ工程 タオルの刺繍工程


タオル製造工程紹介「刺繍工程」

刺繍のこだわり

刺繍タオル タオルの仕様用途に応じて又はタオル産地に応じて刺繍ミシンと刺繍職人と連携しながら刺繍タオルを作成していくのが当サイトの強みです。
もちろん弊社内にも自社専用工業ミシンを設置していますので1枚からも対応可能です。
今治タオルなどは今治ロゴネームのついたタオルに再度第二加工である刺繍をされる場合は
追加認定試験を受ける必要がある制度に変わりました。
そのために迅速にかつリーズナブルに商品をお届けできるように独自で仕組みを構築してまいりました。
刺繍職人の数は6社と提携をしています。
ロットがまとまれば海外へお願いされるのも当然です。 それでもうちに言うてくれはるのはうれしいことです。
安さももちろんですが、クオリティは高くそして迅速が刺繍職人としてのモットーで気張ってくれてます。
できるだけいいものを作りたい。
クオリティの高い刺繍でお客さんの原案に近いものを作りたい。
海外でできないオリジナルを作りたい。
【タオルはまかせたろ】のタオルの刺繍はいいもんやと言っていただきたい。そう思いながら・・・!

刺繍糸

刺繍糸はめちゃくちゃ種類があります。色も微妙にメーカーによって異なります。
デザインに応じて使い分け細かい部分も精巧につくりあげるよう努めています。

価格

ひとつの名前をお入れ差し上げるのに、たくさんの工程があります。すぐにミシンで刺繍に入るわけではありません。
原画を頂いてからの構成をパソコンにインプットしてレイアウト作成、校正、糸選び、ミシンに記憶させて試作。
そしてはじめて納得して本番です。手間暇かけながら皆さんの喜んでいただける笑顔を想像して気張ってます!
ぜひ手に取って見てください。

一言

タオルは刺繍すると目があって刺繍がのりづらいものがありますが、【タオルはまかせたろ】のタオルは刺繍が引き立つ素材選びをしているので、きっと喜んでもらえると思います。

刺繍タオルの作り方

必見! お気に入りの刺繍タオルはこのようにして出来上がる!

■パソコンでデータを作成・修正
  まず、ご注文内容よりご指定の文字、字体・色を確認します。細かくチェックを入れ微調整にも時間がかかります。
刺繍専用ソフトへデータを移動させ、針・糸色・校正を最終的に終えます。細かい作業はこちらで完了させます。
この時、ミシンに何針縫うかは職人の勘での作業です。
そして、出来上がったデータをミシンに読み込ませます。ここまでで二時間ほどかかることもあります。完成納期は2週間ほどみてください。
■専用ミシンについて
  ミシンはいろいろありますが大がかりです。一気に10台が動くミシンで作業をする場合もあります。家庭用ミシンでなく専用ミシンはでかいです。
枚数が多い場合は10個のミシンが一度に全部動きます。1枚であろうと5枚であろうと10個のミシンが動くのです。
タオルはダース売りですが、ミシン刺繍の場合は10枚単位で申し込みいただくのはここに秘密がありました!ですから1枚でも10枚でも作業費や労力はほぼ同じなんです。
■試し縫い
  刺繍の枠を大きさに合わせてセットします。59cm×39cmが一番大きな枠です。
各タオルに応じて名入れする場所は当サイトにて指定してます。
試し縫いをします。タオルのどの辺に刺繍するか決めます。刺繍の種類によってやり方が変わってきます。 この時、糸が詰まったり切れたりしないように絶えず見ています。決して機械まかせではいけません。人の目が必要なのです。
今回は犬の形に刺繍しますが、5000針縫ってます!立体感もでるように工夫していますので、手に取っていただいた時、職人のこだわりがわかってもらえると思います。
■型を切り抜く
  試し縫いが終われば型を切り抜きます。切り抜いた下地の周りに両面テープを貼り、その上にタオルをのせてぶれないように固定させます。
■いよいよ、刺繍開始
  タオルは目があるので、けばだっていると上手に刺繍されずに浮いてしまいます。白タオルだと刺繍が飛んだようになってしまいます。
  失敗作です。Dの字や足跡マークにもタオルの下地がでて少し体裁が悪いです。どうしてもタオルの生地が上にいきます。
やりなおし。やりなおし。徹底していい物を!
  成功です!6500針に増やします。
Dの文字もすっきり出てます!
しかしどうしてもタオルの特徴である目が揃っているものは少なく、タオルの下地が出てしまいます。これは仕方ないです。
ある程度はご理解いただきたく思います。
世界にひとつのオリジナルタオルを作り上げていきます。
■完成!
  刺繍が終わると、裏地の下生地をむしって体裁を整えます。こういったことも手間がかかる作業です。
こうして出来上がりです。
いかがでしょうか?私達は喜んでもらえるお客様の顔を浮かべてお作りしています。
これだけ職人の作業があり、機械まかせではいきません。とことん、こだわって作っています。
大事に使って下さいとは言いません。でも気持ちがこもってるますからきっと優しいタオルになっていると思いますよ。



タオルはまかせたろ.comにお問い合わせ