タオル通販【タオルはまかせたろ.com】はタオルソムリエが選りすぐったタオルをご利用シーンにあわせて安心価格でお届けいたします!

タオルのことならおまかせください! タオルはまかせたろ.com
ログイン会員登録カゴを見る
商品ラインナップ迷ったらこちら刺繍を入れたいお客様の声
ホームお買い物ガイド支払・送料よくある質問製造工程のご紹介会社概要お問い合わせ
タオルソムリエのご挨拶タオルのリユースにご協力くださいオリジナルタオルを作りたいオリジナルタオルを作りたい
タオルの原材料 タオルの紡績工程 タオルの染色工程(糸加工)
タオルを織るジャガード工程 タオルの染色工程(生地加工) シャーリング加工工程
タオルの型つくり工程 タオルのプリント工程 タオルの縫製工程
タオルの箱入れ工程 タオルの刺繍工程


タオル工程紹介「プリント工程」

タオルのプリント工程

■タオルをプリントするには様々な方法があります。 その中で顔料プリント・染料プリント工程を
  ご紹介します。 型工場で出来上がった紗がプリント工場で加工されていくのです。


※音が出ますのでご注意願います。

【プリント】
1枚1枚丁寧に遠赤外線のラインに沿ってタオルを合わせます。
タオルは綿で柔らかいため、きっちりと合わせには経験が必要です。
色の合わせ方、捺染糊のレサイプ(調合)、プリント圧など大変神経を使う作業です。

白いプリントするタオルを1枚ずつ手作業でプリント台に二人で並べていきます。
枚数が100枚でも1万枚でも同じ作業をするのです。
※ 赤く移っているのが遠赤外線でこの位置にしっかりと合わせないと型とおりに色がずれてしまうので熟練の技が必要です。

※音が出ますのでご注意願います。

※音が出ますのでご注意願います。

【キュアリング】
プリント後、高熱で数分間加熱する処理をすると樹脂が固まり繊維に固着して洗濯しても落ちにくくなります。
顔料工程はここまでですが、染料は生地上に残っている染料と捺染糊を洗い落とすため、ソーピング工程と水洗いそして乾燥する後処理があります。





タオルの縫製工程はこちら>>

タオルはまかせたろ.comにお問い合わせ