タオル通販【タオルはまかせたろ.com】はタオルソムリエが選りすぐったタオルをご利用シーンにあわせて安心価格でお届けいたします!

タオルのことならおまかせください! タオルはまかせたろ.com
ログイン会員登録カゴを見る
商品ラインナップ迷ったらこちら刺繍を入れたいお客様の声
ホームお買い物ガイド支払・送料よくある質問製造工程のご紹介会社概要お問い合わせ
タオルソムリエのご挨拶タオルのリユースにご協力くださいオリジナルタオルを作りたいオリジナルタオルを作りたい
タオルの種類と用語と加工方法 タオルのサイズと選び方 タオルの歴史
タオルの知識 タオルのご利用方法 タオルのアンケート調査


タオルの取り扱い方法

オーガニックコットン(有機栽培綿)

■オーガニックコットン(有機栽培綿)とは?

オーガニックコットンとは3年以上農薬を使っていない健康な土地で、堆肥や下肥を肥料として育てられた綿です。水を絶ち綿花を熟成させたら、葉が枯れるのを待って刈り取りです。害虫駆除や除草のための農薬や枯れ葉剤の空中散布もしないため、安全性が高いと言われるゆえんです。このように収穫された綿は公的機関によって認定された希少な原綿は、糸や生地に仕上げられる時にも、小麦粉や植物油、蜜蝋などの天然ものが使用され、化学薬品の使用を最小限に抑える努力が続けられています。

オーガニックコットンは洗えば洗うほどに肌になじみ吸水性を増していくのが特徴です。そのためには洗濯には合成洗剤を使用するのでなく、自然環境に配慮した石けんのご使用をオススメしてます。オーガニックコットンタオルの製品は収穫された時期や地域によって色に差がでます。 当然自然のものですから仕方がありませんね。また、洗濯や日光によって色が変化しますがこれこそ科学的処理をしない自然の色の特性ですのでお楽しみいただけたら幸いです。 商品には綿かすという黒い斑点が混じっております。こちらは精錬処理せずに自然のままの状態で作品にしている証拠です。人体には影響はございませんのでご安心くださいませ。

製品の取り扱い

■新しいタオルが届いたら・・・♪

タオルのお買い上げありがとうございます! さてさて、タオルが届いたらまずは埃などを落としていただき、その新品の感触を肌で確かめくださいませ。はじめのうちはタオル繊維の表面などについた細かい毛羽がでていることかと思います。 まずは洗濯してくださいませ。 最初2回から3回の洗濯でほぼなくなることかと思いますよ。

洗濯の仕方も注意が必要ですので下記の注意事項をお読みくださいね。

■洗濯の仕方

丸洗いの洗濯にも耐えられますが、薄物や特殊な付属品などがあるタオルに関しては、ネットに入れて洗濯するかドライクリーニングをオススメします。

色物と白物は区別してくださいね。 色物からの色移りがする場合があります。黒・紺・赤・エンジ系の特に濃色は、液汚れを起こすこともあります。 汚れた液での長時間の放置は避けてくださいませ。 

蛍光染料無添加の中性洗剤をご使用くださいませ。色によっては蛍光染料により変化することがあります。

 

色物を塩素系漂白剤で処理したり、水道水を長時間流し放しにしての水洗いはお避けくださいませ。水道水の塩素が累積作用して、色退色させることがあります。また柔軟剤はタオルに生地を傷めたり毛羽を発生原因にもなります。 タオルの使用頻度は高いものですから使っているうちに硬くなりますが、その時に柔軟剤を投与されますと一旦は柔らかさを保つことができますが、はじめだけです。

 

■干し方

洗濯後、形を整えたうえで、風通しのよい場所にて陰干ししてください。四方にやさしく引っ張りパンパンと両手でパイルを開く意識でゆがみをなくしてくださいね。 

タンブラー乾燥機は作用が強すぎて過剰収縮を招きますのでご使用の洗濯機の使用上の注意をよくお読みくださいませ

■毛羽落ちについて

タオルは自然の綿製品でありますから、最初のうちはほとんどのタオルで毛羽落ちが発生します。製品によっては差が生じますが、使い込む程度に毛羽の発生は落ち着いてきます。ご了承くださいませ。(尚、使用上の注意を守らない洗濯方法や過度の柔軟剤の投与による毛羽落ちに関しては責任をもちません) 

タンブラー乾燥機は作用が強すぎて過剰収縮を招きますのでご使用の洗濯機の使用上の注意をよくお読みくださいませ

 



タオルの知識>>

タオルはまかせたろ.comにお問い合わせ